企業理念・行動基準

企業理念

東洋精糖グループは、より健全で豊かな食文化の創造と健康な毎日に貢献し、持続的な社会を実現するために、事業を通じ社会課題解決に向けた取り組みを進めてまいります。

行動基準

  1. 1. 法令を遵守し社会的倫理に則した企業活動をすすめる。

    国内外の法令、会社の規則を遵守し、反社会的なことは行わず、公私のけじめを明確にし、政治、行政とは透明な関係を保つ。原材料の調達から製品販売に至る企業活動において不公平な取引慣行を排除し、公正、透明、かつ自由な競争に基づく企業活動を行い、不当な手段による利益の追求は行わない。

  2. 2. 安全な製品とサービスを提供する。

    お客様に安全で品質の良い製品とサービスを提供する。新製品の開発にあたっては、その安全性の確保を第一義として行い、開発された製品は安全性を科学的に確認する。

  3. 3. 顧客の満足と安心感が得られるように最大限の努力をする。

    常にお客様の声に耳を傾けるとともに、正確な製品情報を、提供および収集する。
    株主をはじめ企業のステークホルダー(利害関係者)等広く社会とのコミュニケーションに努め、企業情報を公平かつ積極的に開示し、特にクレーム等緊急時においては正確な情報を迅速に提供し、関係者の安全の確保に努める。

  4. 4. 環境問題や社会貢献活動に積極的、自主的に取り組む。

    環境問題への取り組みが企業の存在と活動に必須の条件であることを認識し、自然環境の保全に配慮した製品の開発・提供に努める等省資源、省エネルギー、産業廃棄物等の排出の削減に積極的に取り組む。また、良き「企業市民」として積極的に社会貢献活動に参加し「企業市民」としての地位を確保する。

  5. 5. 安全で働きやすい環境の確保に努める。

    安全で働きやすい環境を確保するとともに、人権の尊重と公平な処遇を行い従業員のゆとりと豊かさを実現し、従業員の個性、自主性を尊重した活力ある企業を築く。

  6. 6. 企業情報の適切な開示と機密情報の管理を行う。

    誠実な事業活動を通じて株主の利益を守り適切な情報を提供する。
    当社の機密情報管理は細心の注意をもって行う。また、第三者より開示を受けた機密情報についても同様とする。